• urecoto

気がつけば


自然は何も変わらず

春を過ぎようとしていました。